にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本来の姿を取り戻す

みんなの心に輝く学校を目指し、中学校長として取り組んだ学校経営や教育課題などについての考えを述べます。

◇日本でも国際感覚は磨ける

 私は、平成17年、足利市の青少年国際交流、中学生訪米団としてスプリングフィールド市を訪問した。訪問の目的は、国際感覚を磨いてくること、両市の友好親善を図ってくることだった。

 国際化の時代であり、国際感覚を磨く必要性が語られるが、訪米を通して、国際感覚は語学力だけでなく、日本人としての誇りや自信をもった日本人、信頼される日本人になることによって磨かれると強く感じた。

 わずか10日間ほどの滞在だったが、私が目にしたアメリカの人達は、道行く人の通行を妨げれば謝り、体が触れたりしたら謝り、歴史的建造物などの説明の時には、音を立てないよう静かに歩き、話を良く聞いていた。エレベーターに乗る時は、乗っていた人乗る人が、互いにあいさつを交わしたり、と礼儀正しく配慮があった。

 日本では、日本人としての美徳が失われている現状を心配する声が多いが、日本人本来の姿を取り戻し、かつてのように外国人に称えられる国にしたいものである。