にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

本来の姿を取り戻す

みんなの心に輝く学校を目指し、中学校長として取り組んだ学校経営や教育課題などについての考えを述べます。

◇「天知る 地知る 己知る」

 こんな言葉を耳にしたことがあるでしょうか。「天知る」とは、お天道(てんと)様は知っている。お天道様とは、即ち太陽のことですが、太陽は何もかも知っている。「地知る」とは、大地は知っている。何もかも知っている。「己知る」とは、自分は何もかも知っているという意味です。

 お天道様に恥じるような行いをしてはいけません。大地に恥じるような行いをしてはいけません。他人は知らなくても、自分は何もかも知っているでしょ。だから、そんな行いをしてはいけませんという教えです。

 日本人の美徳は、「天知る 地知る 己知る」が原点であると、称えている外国人がいます。警察官がいなくても、信号が赤になれば車も人も止まります。日本では当たり前の光景ですが、その光景に驚嘆する外国人は少なくないのだそうです。日本人なら心のどこかにこの気持ちがしまわれているものです。皆さんにもかみしめてほしいと思います。(平成21年3月24日 修業式)

※「天知る 地知る 己知る」が、「人知る」となった時には、消費期限の改竄(かいざん)産地偽装などの報道のように、会社がなくなってしまうような悲しい結末にもなる。正直で堅実な生き方こそ尊いと悟ってほしいものである。