にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

本来の姿を取り戻す

みんなの心に輝く学校を目指し、中学校長として取り組んだ学校経営や教育課題などについての考えを述べます。

◇多額の税金が

 中学生までは義務教育と言われます。義務教育はただ、という感覚の人もいるようですが、そうではありません。皆さんにはたくさんの税金が使われています。一人当たりどのくらいの税金が使われていると思いますか。

 学校で使った電気代は電力会社に、使用する紙代は商店に、電話代は電話会社に払わなくてはなりません。コピー機、印刷機、パソコンも買わなくてはなりません。そして、教職員の給料も必要です。国、県、市が負担した額を合計すると、膨大な額になります。

 栃木県の資料によると、平成18年度、中学生一人当たり約100万円(資料では99万6千円程)になっています。19年度はまだ明らかにされていませんが、例年大きな変動はないので、皆さんが卒業するまでに使われる税金は、約300万円になります。

 これだけの税金を使うのは、使うだけの理由があります。その理由は、後で担任の先生などとゆっくり話し合ったりして考えてほしいと思います。西中学校を半年以上見てきました。西中生は明るく素直で、活力に満ちています。西中生には大金をかけても損はないと思っています。(平成20年11月7日 学校集会)

※だらしない格好で菓子など食べながら、あるいは、電話しながら登下校する中学生を見かけることがある。一般の人はこの事実を知らないが、知ったなら、こんなに真っ黒くなって働いて、納めた税金があのような生徒のために使われるのか、と情けない気持ちにもなるだろう。