にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

本来の姿を取り戻す

みんなの心に輝く学校を目指し、中学校長として取り組んだ学校経営や教育課題などについての考えを述べます。

◇形は心を求め、心は形を進める

 最近は少ないのだが、「姿格好ではないよ、大切なのは心だよ」との言葉を何度も耳にした。そういう考えは正しい面もあるが、それがすべてではないし、形を軽視する考えが社会に醸成されるのを見過ごすことはできない。

 葬式に真っ赤な服を着て行って、私には満々たる弔意があると言っても、理解されることではないだろう。結婚式に黒ネクタイで出席はできない。サンダル履きでは常識を疑われる。形の軽視は日本の文化を否定することになると考えている。茶道も華道も、およそ道がつくものは、すべて廃(すた)れることになるだろう。

 剣道を志す人は、皆剣道形を稽古する。剣道形は、先人達の命を賭けた修行の中から生まれたものである。形の稽古をしながら何を学ぶかというと、その心を学んでいる。今は昔のように、命のやりとりをすることはできない。

 ズボンを下げて尻が見えるように履いたり、服をはだけて着るような人を大勢見かけるが、大切なのは心だよ、と言い切ることは難しいと思う。「襟(えり)を正す」との言葉が、死語となるような国にはしたくないものだ。