にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

本来の姿を取り戻す

みんなの心に輝く学校を目指し、中学校長として取り組んだ学校経営や教育課題などについての考えを述べます。

◇教職員評価(7)…意欲・態度

◆意欲・態度

1(ⅠⅡⅢ)児童生徒に教育的愛情を持って接している。

※教育的愛情とは何か、示す必要がある。

2(ⅠⅡⅢ)正しい信念のもと、熱意をもって仕事に取り組んでいる。

※正しい信念とはどのようなものか。正しくない信念とはどのようなものなのか。正しいか正しくないかを誰が判断するのか。

3(ⅠⅡⅢ)人権尊重の観点を重視し教育活動を行っている。

※人権尊重の観点とは何か。人権尊重の観点はどこにも示されていない。人権尊重の観点を知らずにどうやって評価するのか。

6(ⅠⅡⅢ)職務・勤務の在り方を自覚し、厳正に勤務している。

※職務・勤務の在り方をはっきりと示さなければならない。

 栃木の教職員評価の正直な感想を述べれば、このような規準表で、教職員を評価してはならないということである。                                   この評価制度の改革は容易ではない。新たな評価方法を構築した方がいいのかもしれない。学級経営や学習指導、校務の処理といった「職務遂行」の評価、指導力や責任感、誠実さといった「人間性」の評価に、「同僚に信頼されているか」を評価する。そして、「目標・成果」欄に記されたような自己目標を評価するようにしたなら、勤務意欲を培い、目的的に生きる教職員も育まれていくのではなかろうか。