にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

本来の姿を取り戻す

みんなの心に輝く学校を目指し、中学校長として取り組んだ学校経営や教育課題などについての考えを述べます。

◇成績で人生は決まらない

 今日は通信票が渡されますが、通信票には、喜ぶ人がいれば、がっかりする人もいるものです。喜ぶ人には、喜んでほしいと思いますが、がっかりした人には、変な言い方ですが、がっかりしないでほしいと思います。

 私の知り合いで、互いに同級生の二人の人がいます。一人は、学校の成績が非常に優秀でしたが、もう一人は目立たない存在でした。この目立たなかった人と、顔を合わせる機会がありました。近況を聞かせてもらうと、今では社長になっていました。社長には、家の跡を継いだのではなく、自分で会社を立ち上げたとのことでした。そして、成績優秀だった方は、その会社の社員となっていました。話を聞かせてもらいながら、人生は成績だけではないということをつくづく考えさせられました。          

 だから、勉強しなくても大丈夫というのではありません。勉強は一生懸命やってほしいのですが、結果については、悩まないで堂々と胸を張って生きてほしいと思っています。本日渡される通信票は、皆さんの将来や可能性まで評価しているものではありません。(平成20年7月18日 1学期終業式)

※生徒は学校生活の大部分を授業で過ごす。したがって、多くの生徒が、どうしても成績にとらわれがちになる。保護者も同様だろう。頭が良いだの悪いだのと劣等感をもたせたくないし、優越感にひたることもない。「駕籠(かご)に乗る人担(かつ)ぐ人、そのまた草鞋(わらじ)を作る人」との教えは、多くの皆様のお陰で生きていること、誰もがこの世の中で役に立ち、それぞれに人生があることを教えている。道理に反した生き方には恥じても、成績で恥じることはない。