にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

本来の姿を取り戻す

みんなの心に輝く学校を目指し、中学校長として取り組んだ学校経営や教育課題などについての考えを述べます。

◇不登校Ⅲ-(6)…熱心さが逆効果に

熱心さが逆効果に
 教師は本来まじめである。一生懸命にやることが正しく、成果も上がることなのかもしれないが、不登校に関してはそうではない。毎日のように家庭訪問をして、プリントなどを渡したら、もう来ないでほしいと思うかもしれない。セールスに毎日来られたらどうだろうか。学校で教わってもいない問題など、できるはずもない。できない自分に苛立ち、益々自信を失っていく。熱心さは自己満足でしかないこともある。

生徒よりも保護者
 家庭訪問をして、生徒に会えるかどうかはさほど重要ではない。生徒を指導して、何とかしようと考えるのが一般的だが、不登校に関して(不登校にもよるが)は、保護者との面談が重要である。面談を通して、どうすべきかを考えた方が確かだし、近道である。

未然に防ぐことが大切           
 不登校の兆候は小学生時代にあった場合がほとんどである。市内の生徒指導主事の調査では、当時、約8割になっていた。
 中学生にもなると、親に暴力を振るったりするため、取れる対応が限られてくる。したがって、早い段階で、家族や子育てのあり方を見直していくことが大切である。登校するようになっても、問題が解決されたとは限らない。
 未然に防止するためには、教師だけでなく、世の中の人が、不登校の意味を理解している状況がなければならない。