にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

本来の姿を取り戻す

みんなの心に輝く学校を目指し、中学校長として取り組んだ学校経営や教育課題などについての考えを述べます。

◇部活動の留意事項(1)…礼儀作法

 平成20年4月、部活動の更なる発展を期し、以下のような留意事項(方針)を踏まえ、指導に当たることにした。そして、地域にもお知らせした。(約7000戸に文書配布)

           − 地域の皆様 −       
 本校の部活動は、毎年立派な成績を収めるなど、輝かしい実績を残していますが、今後、下記のような「留意事項」を踏まえ、一層の発展を図る所存です。皆様から、今まで以上にご声援を送っていただけるような部活動にするため、本校の方針をお知らせすることにしました。(平成20年6月1日 足利市立西中学校長)                                                          

技術よりも礼儀作法
 新入部員に最初に教えることとして上級生に指示したことは、礼儀作法だった。素振りや打ち込みはその後にやることだった。礼儀作法は、人間関係を発展させるばかりでなく物事を成就させる源、人としての生き方の基本である。これができないようであれば、何をやっても成功させることはできない。技術を指導することよりも、礼儀作法の指導を優先すべきである。                                                                              

人間関係を育む
 部活動には全く関係がない下級生だけに制限を加えるような決まりに気づくことがある。人間関係を妨げるような決まりは早急に改善すべきである。                                                                                       
溺愛されて育ってきている生徒がいるが、そういう生徒は一つの例外もなくわがままで、注意を素直に聞けない。また、思いやりや感謝の気持ちに欠けるようだ。したがって、人間関係がうまくいかない。部活動は人間関係を育む場でなければならない。