にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

本来の姿を取り戻す

みんなの心に輝く学校を目指し、中学校長として取り組んだ学校経営や教育課題などについての考えを述べます。

生徒指導

◇生徒指導(33)…放任と同じではないか

子どもが小学生の頃まではそれなりの手をかけてきたのに、中学生になると、「大きくなった、もう大人だ。判断力はついているはず」などと放任する保護者がいる。体は大きくなり、大人と同じようになっても心の面はそうではない。逆に、心の面では手がかかる…

◇生徒指導(32)…意識の問題と嘆いているわけにもいかない

中国で何年も暮らしている人ならともかく、観光で何日間か滞在したくらいでは、たくさんの車が行き交うあの広い道路の横断は難しいだろう。 仲間達が道路を横断し、一人取り残された時には横断することができず、中国人の集団に加わり何とか横断したのである…

◇生徒指導(31)…家庭の指導力を生かす

大都市のことはよく分からないが、地方では登下校や部活動などの移動手段に自転車を利用することが多く、ヘルメットの着用を義務づけている。何十年の歴史があるので、ヘルメットの有用性に疑問をもつ人はいない。 車に撥ね飛ばされ、見ていた人が命はないな…

◇生徒指導(30)…全校的な視点で対応する

生徒指導主事の所属は、通常3学年になることが多い。指導困難な生徒は、1・2年生よりも3年生に多かったという経験があり、3年生がしっかりしていれば、学校が安定するとの考えからである。 しかし、所属が3学年になると、3年生への対応が多くなり、全…

◇生徒指導(29)…仕切板が必要

姉妹都市交流で、何度も来日しているアメリカ人女性が、日本のトイレは素晴らしいので写真に撮ったと話してくれたが、海外に出てみると、確かにそうだという気持ちになる。 コンビニやドライブイン、高速道のパーキングなどの広くて清潔なトイレは、利用者に…

◇生徒指導(28)…拾得物

自転車の鍵、家の鍵、体育着、制服、筆記具など、校内の拾得物は、教職員を通して、あるいは、生徒によって職員室に届けられる。記名がされていたり、持ち主が申し出てくれれば、すぐに渡すことができるのだが、そうでないことが多い。 何年生の物かが分かっ…

◇生徒指導(27)…問題行動等の理解Ⅱ

学年主任が定年退職を迎えた頃には、市内で一番いい学校と評価され、学校見学に市外の教職員が頻繁に訪れていた。遠くは北海道から、そして、福島県からは4名で来校し、1週間にわたって学校を見続けたのである。 こんな学校も、その数年前までは荒れた学校…

◇生徒指導(26)…問題行動等の理解Ⅰ

25年程前のことだが、学年主任だった同僚が定年退職を迎えた。学年主任は、以下の資料を作り終え、やっと心置きなく退職できると語った。 「学級集団の善し悪しは、みんなの願いや要求が大切にされる度合と、学級指導部の活動の度合で決まる」との理念や後…

◇生徒指導(25)…取り敢えず謝るようなことをしない

保護者から、ある教師への苦情が届き、謝罪を要求してきたことがあった。教師は、「謝らなくてはならないことをしていない」と納得せず、謝罪に行かなかった。 教師が謝罪に来ないので、保護者は校長に直に訴えたのだった。校長は事情を把握すると、その教師…

◇生徒指導(24)…置き勉を止めさせる

20年以上も前になるが、模擬試験の結果が高校の合否に反映されるという某県の実態が報じられたことがあった。しかも、模擬試験の実施日が違うこともあったというから驚きである。こんなことが許されないのは当然である。 これが契機だったように思うが、そ…

◇生徒指導(23)…1校1館なら心も安まる

中学校の修学旅行や林間学校などでは、1つの旅館(ホテル)に1つの学校が宿泊することになる。A館とB館に別れるなどして、自由に行き来ができないような旅館(ホテル)なら、2校宿泊することもある。 一般客がいても特に問題はないが、一般客は非常に少…

◇生徒指導(22)…制圧しなければならない時もある

「問題が発生したら、担任任せにせず集団で対応する」と、過去のブログ「生徒指導(14)…卒業期の指導」で述べたが、このような対応は、卒業期だけでなく、日常の指導でもしばしば取られる。学校が荒れているような時には、特に重要である。 校内で問題(…

◇生徒指導(21)…名札を外す必要があるのか

職種によって違いはあっても、多くの職業人は名札を付けて働いている。宅配などのトラックでは、運転者名を表示している場合もある。氏名を明らかにすることは、職業に対する責任感、自覚を高めるのに有効なのだろう。 生徒の場合は、体育着(名札の縫いつけ…

◇生徒指導(20)…なぜ外泊を禁止するのか

保護者から、「小学校ではいいのに、中学校ではなぜ禁止なのですか」と聞かれたことがある。中学校では、ほとんどが外泊禁止だろう。 小さい頃からのつき合いで、互いに親も子もよく知っている場合であっても、学校が認めないのは、いい結果にならないからで…

◇生徒指導(19)…教師を忙しくしてはならない

生徒の問題行動は、体育祭や文化祭、あるいは合唱コンクールなどの学校行事で、教師が忙しくなっても増えたりしなかったが、各種の研究や現職教育といったことで頻繁に会議が行われたりして忙しくなると、しばしば問題行動が発生した。忙しくても、生徒と一…

◇生徒指導(18)…多額の小遣い

中学生の平均的な小遣いは、2000円~3000円くらいのようだが、「日本の子どもはいいね、何もしなくても小遣いがもらえるんだから」と、ケント・ギルバート(カリフォルニア州弁護士、タレント)さんが話したことがあった。アメリカの子どもは家事手…

◇生徒指導(17)…青になっても渡れない

中国の道路の横断は、慣れないとかなり難しい。信号が青になったら、歩行者が渡り切っていなくても車は走り出す。かなりのスピードで車が行き交う道路の真ん中で、待っている時は恐ろしくさえ感じる。 歩行者用信号も横断歩道もない広い道路の横断では、横断…

◇生徒指導(16)…出かける時は忘れずに

ある中学校の美術部員20数名が、3学期の日曜日、美術研修のため上野の博物館に出かけた時のことである。部員の乗車マナーが素晴らしく、引率の先生はとても感心して、その様子を教職員に話した。 電車が混んでくると、2年生が下級生に声をかけ、率先して…

◇生徒指導(15)…生徒指導主事として

生徒指導主事は非常に大変だから、やらない方がいいとアドバイスされたこともあって、この仕事は引き受けないようにしようと考えていた。しかし、前任者の急死という窮状に引き受けることになった。尊敬する同僚先輩からは、衆目の一致するところは、君が最…

◇生徒指導(14)…卒業期の指導

3学期に入ると、中学校では、3年生の卒業に向けた取り組みを始める。生徒を見て学校を判断してほしいと考えている教職員にとって、立派な卒業生の姿は、3年間の教育活動の成果であり、誇らしく思えることだろう。 卒業の日が迫るにつれ、卒業したくない、…

◇生徒指導(13)…家事手伝いをさせよう

20年くらい前のことだが、学年集会(中学1年生)で、家で決まった仕事がある生徒の挙手を求めると、挙手した生徒は半数に満たなかった。やらせる仕事がないという声も耳にしていたが、少なすぎると感じた。 子どもだって家族の一員である。お客さんではな…

◇生徒指導(12)…幸せの風景

ゲームや塾、少子化、あるいは安全上の問題があってか、外で遊ぶ子どもの姿を見かけなくなり、また、子ども同士で仲良く遊べない子どもが増えているといった実態が指摘されて久しいが、子どもの声が消えた町では、寂れていくような何となく悲しい気分になる…

◇生徒指導(11)…対教師暴力には

教職員の一貫した指導が功を奏し、荒れをほぼ克服していた中学校だったが、赴任して間もなく、今後対教師暴力には、即110番で対応すると宣言した。 教職員を前に宣言した二つの中学校とも、教師への暴力はなかったが、暴言はあり、気を緩められない状況が…

◇生徒指導(10)…口は災いの元

言動による生徒間のトラブルは少なくない。中学生ではないにしても、言動によって傷害や殺人事件が発生しているこの国の状況を考えれば、生徒に指導しないわけにもいかない。 A君がB君に、C君の悪口を言い、B君は聞いたことを胸の中にしまっておけばいい…

◇生徒指導(9)…注意は素直に受けよう

注意されるのは誰しも気持ちのいいものでないが、注意されないのも嫌なものだろう。 昔、突っ張り生徒が、「先生は俺を無視している」と腹を立てていた。聞いてみると、「自分を注意しない」というのだった。この生徒は、悪いことをしたら、きちんと注意をし…

◇生徒指導(8)…遅刻の解消は容易だった

中学校では、職員打合せ終了5分後くらいに、生徒の登校時刻を設定している学校が多いのではなかろうか。8時10分から20分までが職員打合せなら、登校時刻は8時25分である。この時刻には、担任が教室にいるようにするのである。 職員打合せ中など、担…

◇生徒指導(7)…万引き防止指導

万引き防止のため、中学校では、万引きが起きないような学校であっても、毎年指導しているのではなかろうか。多くの学校は、長期休業前の指導になっているように思う。 万引きは、商店からの通報だけでなく、生徒からの情報で発覚することも多い。その情報を…

◇生徒指導(6)…職員申し合わせ事項

生徒を指導する前に、教職員がきちんとしなくてはということで、以下のような申し合わせを、4月の職員会議で毎年確認していた中学校があった。 このような申し合わせをする学校は少ないかもしれない。この中学校は、荒れた状態を克服し、数年後には「世の中…

◇生徒指導(5)…持ち物検査

15・6年前になるが、黒磯市で女性教師が生徒に刺し殺された事件があった。事件後、学校での持ち物検査の是非が盛んに論じられた。そして、必要あればやるべし、との声がはるかに優勢であった。 凶器が校内に持ち込まれれば、教師だけでなく生徒が犠牲にな…

◇生徒指導(4)…生徒心得

足利市内の中学校の校則(心得)は、概ね以下のような内容だろう。生徒は年1回(4月)、各学級で一斉指導されるが、その後は必要な時に、話し合いを基本に個別指導が行われるのである。 どこの学校にも、多かれ少なかれ校則(心得)はあるが、多いか少ない…