にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

本来の姿を取り戻す

みんなの心に輝く学校を目指し、中学校長として取り組んだ学校経営や教育課題などについての考えを述べます。

感動の卒業式

◇感動の卒業式(4)…卒業式の指導

教職員には、卒業式は中学校3年間の総決算であり、全てを2時間に凝縮するものとの認識がある。 新たな出発への決意と勇気、感謝(友、父母、職員、後輩、校舎など)、誇り、思い出といったことに、卒業生の心を向かせる全校的な取り組みによって、感動を演…

◇感動の卒業式(3)…式辞

挨拶が素晴らしい、校舎に入ると温もりを感じるなど、西中学校は多くの来校者に褒められていた状態だけあって、整然とした式場内には心地よい雰囲気が漂っていた。演壇で式辞を読みながらでも、十分にそれを感じることができた。 - - - - - - - - 山…

◇感動の卒業式(2)…卒業生の入退場には

中学校の卒業式では、式場中央に設けた通路(花道)を通って卒業生が入退場する。盛大な拍手で迎えられ、式終了後には、これまた盛大な拍手で見送られるのである。 卒業式の企画は教務主任が行い、職員会議を経て決定されるのだが、教務主任2年目の時だった…

◇感動の卒業式(1)…式次第などの大幅な変更

卒業式では、中学校3年間で学んだ全てが式中の姿勢や態度に表れる、と多くの中学校の教職員は考えている。したがって、学校にとって卒業式は、とりわけ重要な儀式的行事となっている。感動体験は人の生き方を変えると言われるが、卒業式は会場の全ての人が…